似合う口紅の色を知ろう

唇の色によって明度は大きく変わります。
これによって選ぶ口紅や、リップライナーの色が決まってきます。
似合う色をつけてこそメイクが映えることになりますし、逆に似合わない色をつけていると浮いたように見えたり顔色全体にも影響が出てしまいます。
白い肌の方には濃い色のものをのせると派手派手しく見られてしまいがちです。やはり似合うのはピンクなどの淡い色ではないでしょうか。
特に真っ赤なリップは唇だけ浮いて見えてしまうので何かのイベントなどの時に使う以外は避けた方が無難です。
薄すぎる色だと顔色が白いために口紅の色が全くはえないということもあるのである程度は色があった方が良いでしょう。
少し顔の色が茶色や黄色が買っている場合は、セクシーに見えるマットなベージュやおちついたオレンジのような色も似合います。焼けた肌には真っ赤な色も似合いますが唇の色は目元の色とのバランスを考えるとうまく映えます。
一番気をつけたほうがいいのが紫系の色です。
紫はただでさえ血色が悪い色と見られがちなので使用するにはかなりのテクニックが必要です。
薄い色は失敗が少ないですが塗っている感があまりなくなってしまうのである程度の色味はあるものを選んだ方が良いでしょう。