再燃中の赤リップの上手な取り入れ方

最近のメイクで流行していることは、ツヤ感のある色白な肌色に、アイメイクやリップなどでアクセントをつけるといった方法でしょう。付けまつ毛やまつ毛のエクステによってボリューム感のある大きな目元に対し、口紅もまた真っ赤なものが流行しています。しかし、ただ流行っているからと言って安易に使うと失敗してしまうので注意が必要です。バブルの時代にも赤リップは大流行でしたが、現代と一番異なるのはその質感です。以前はマットな感じで艶のないものが主流でした。当時はマットな口紅は食事などしても落ちにくいと人気だったのですが、最近では口紅も進化してきて、より落ちにくくなってきました。そして、今は肌の美しさを演出するようにファンデーションも毛穴やくすみを光の反射で飛ばして見えにくくする技術が取り入れられています。その肌に似合うのは、艶があって柔らかさを感じる唇です。リップメイクに欠かせないのは濃い赤を取り入れつつも、グロスなどを重ねて潤い感を出すことでしょう。真っ赤な口紅を用いる時には、ヘアースタイルやファッションにも気を付けて、下品な感じや古臭い感じにならないようにしたいものです。きちんとした感じに使うことでゴージャスな魅力がアップすることでしょう。

Comments are closed.